ギャラリー


写真をクリックすると解説が読めます




◆ 植物の送受粉 ◆

花のふしぎな形や色、匂いは、
置かれた環境で送粉昆虫を
引き付けるための戦略の現れだ。

進化の最前線にあるラン科植物は
美しさとともに不思議な形が目を引く。
そこに隠された送受粉の妙は驚くばかりだ。




◆ 世界の花 ◆

世界の花。
美しいお花畑に隠された不思議。
砂漠や高山の適応など世界の植物を
昆虫との関係を主に取材。





◆ 世界の昆虫 ◆

世界の珍しい昆虫



<



◆ アリと共生する昆虫 ◆

シジミチョウがアリに育てられる不思議な世界。
日本産5種のシジミチョウの生態を解明した。
ほかにもアリと共生する昆虫はたくさんいる。
シジミチョウがアリに育てられる不思議な世界。
ゴマシジミ、ムモンアカシジミ、キマダラルリツバメ、クロシジミなど。







◆ 世界のカブトムシ・クワガタムシ ◆

クワガタムシの生態撮影。
この世界のパイオニアとして1980年ころから撮影している。
日本産クワガタムシをはじめとして、
熱帯地域を中心に取材。
チリクワガタの生態も収めた。





◆ 昆虫の化学的生態 ◆

昆虫の多くはコミュニケーションの方法として化学物質を利用している。
特にアリは様々な化学物質~フェロモンを使い分けている。
また擬態で知られるハナカマキリは
獲物を引き付ける物質を出していることが分かった。
いずれも京都工芸繊維大学の山岡亮平名誉教授により明らかにされたものだ。
アリの行列はなぜできるのか、アリは共生するシジミチョウをなぜ襲わないのか、
ハナカマキリはランに擬態しているのではない、
など化学的なアプローチから撮影した。



ナカマキリはミツバチが好む匂いを出してひきつける(インドネシア) ハキリアリは行列フェロモンで道しるべをつける。(パナマ)
マンティスオーキッドはツチバチのメスと同じフェロモンを出してひきつける リカステはミドリシタバチをフェロモンでひきつける(メキシコ)




◆ 巨大昆虫・巨大植物 ◆

常識をはずれた巨大な昆虫や植物には
独特の生き方がある。
昆虫では世界最大のカブトムシ、
カミキリムシ、ナナフシなど。
植物では世界最大の花、
世界最大の寄生植物などがある。
いずれも撮影は難しいが長期の取材で成功した。





◆ 砂漠の昆虫 ◆

南西アフリカのナミブ、
カラハリ砂漠やチリのアタカマ砂漠、
オーストラリアの砂漠などの昆虫。





◆ 雑木林や里山 ◆

里山の自然と虫が暮らす環境の変化




ページのトップへ